滋賀八幡病院は2016年11月4日、(財)日本医療機能評価機構から「病院機能評価」の認定の更新を受けました。

病院機能評価は、(財)日本医療機能評価機構が実施している事業で「病院の機能を第三者の立場から評価しよう」というものです。

評価指標は

  1. 病院組織の運営と地域における役割
  2. 患者の権利と医療の質および安全の確保
  3. 療養環境と患者サービス
  4. 医療提供の組織と運営
  5. 医療の質と安全のためのケアプロセス
  6. 病院運営管理の合理性
  7. 精神科に特有な病院機能

の7領域から構成されており、約400項目について評価が行われます。

評価の結果、一定の水準に達している医療機関には、有効期間が5年間の認定証が与えられます。

滋賀八幡病院は、平成17年 8月22日に病院機能評価(Ver4.0)の認定を受け、続いて今般、病院機能評価(Ver6.0)の更新認定を受けました。

滋賀八幡病院は、今後とも当院「理念」「基本方針」に則り、今回の認定証取得に満足することなく、地域社会と連携し、良質な医療の提供に努め、安心、満足、信頼を得られる病院として、地域医療に貢献していきます。

滋賀八幡病院の評価結果
HOME > 滋賀八幡病院について > 病院機能評価認定
pagetop